トップ / VIOは自己処理してはいけない

VIOの処理なら脱毛

VIOは自己処理してはいけない

VIOは自己処理のリスクとは

脱毛による肌のダメージは、自己処理であろうとプロによる脱毛処理であろうと、いずれにしても負担がかかります。ただ考えればイメージできる通りで、やはりプロに脱毛処理をしてもらった方が肌へのダメージは少なくても済みます。特にワキやVIOラインなどは、肌は薄いのに毛が濃いので、自己処理をすると肌へのダメージが著しくなってしまう部位です。自己処理では基本的に、電動のシェーバーによるシェービング、カミソリによる毛剃り、毛抜きや脱毛器による脱毛を行うのが一般的ですが、この方法はいずれもVIOラインの肌へ大きなダメージを加えてしまいます。

先ず一番簡単な処理方法の「毛を剃ること」ですが、これは自己処理で使うのであれば電動シェーバーの方が肌へのダメージは少なくて済みます。しかし毎日使ったり、実は所持している機器ではVIOラインへの処理はNGとされているものを使っていると話は別。最終的には肌荒れを引き起こしたりするリスクが高まります。また一方でカミソリによる自己処理は、処理をするたびに毛と一緒に皮膚の表面まで削ってしまうので、肌へのダメージは大。続けることで慢性の乾燥肌や、肌荒れを引き起こしたり、黒ズミの原因になったりします。

次に自己処理において利用する人が多い方法は脱毛器や毛抜きによる「脱毛」です。こちらは毛を抜くので抜いた後の効果は、剃毛より長くなりますが、肌ダメージは剃毛より重くなることが多いですね。自己処理のリスクとしてはこちらの処理方法もおすすめできません。毛抜きや脱毛器を使うと、痛みが大きくなることに加え、黒ズミの原因となることが大変多くなります。きちんと抜けきらなかった毛は埋没毛となり、見た目にも決して美しく仕上がりません。以上のように、VIOラインに関しては、剃毛も脱毛も自己処理で行うと肌ダメージへのリスクが著しく上がってしまうのです。

Copyright © VIOを脱毛するメリットとは. All rights reserved.