トップ / VIO脱毛のデメリット

VIOの処理なら脱毛

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛にはデメリットも

近年、女性の間で徐々に認知度を上げてきているVIO脱毛。世代が若くなればなるほど施術をしている人も増えています。しかしVIO脱毛にしろ、その他の部位の脱毛にしろ、そもそも脱毛と言う行為にはメリットとデメリットの両面があります。特にデリケートゾーンであるVIO部分に関しては、他の体の部位よりも気になるデメリットも存在します。あなたがVIO脱毛をしようと考えているのであれば、メリット・デメリットの両面をしっかり把握して、失敗なくVIO脱毛ができるようにしましょう。

それでは失敗しないVIO脱毛のために知っておきたいことの1つ目をご紹介します。それは「痛み」です。ワキ脱毛などは今ではほとんど痛みを感じずに施術を受けることもできる場合がでてきました。しかしVIO脱毛は脱毛部位が部位であるだけに、かなり敏感で痛みを感じやすいことも多くなります。VIO脱毛経験者においても、他の部位は平気だったのにVIO部分は痛みを強く感じたという人もそれなりに多くいます。この痛みが原因で、VIO脱毛を途中で断念してしまう人もいるのです。

VIO脱毛のデメリット2つ目は「羞恥心」です。脱毛する部位が部位なだけに、施術中に恥ずかしいと思うことはもちろんありますし、その気持ちは最後まで全部なくなることはないでしょう。恥ずかしいという気持ちがどうしても消えず、施術がつらくなる人もいるので、ここについては個人差が大きいですが、しっかり事前のカウンセリングを受けることで軽減する気持ちもあるので、時間をかけてカウンセリングすることをおすすめします。

VIO脱毛のデメリットの最後のポイントは、他の脱毛と違い「毛を残す」ことがあるので、その形状が気に入らなくても変えられないということです。例えばVラインを全脱毛したら、その後Vラインにやはり少し毛を残したくなってもそうはできないということです。

Copyright © VIOを脱毛するメリットとは. All rights reserved.